させぼの歩き方≪佐世保のトレッキング・カヤッキング・サイクリング情報サイト:させぼエコステイ≫
トレッキング
ウォーキング
カヤッキング
平戸往還
サイクリング

佐世保でサイクリング

佐世保でサイクリング

佐世保市は、長崎市と同じ、坂の多い街なので、生活の手段として自転車はあまり利用されていません。しかし、長崎県の、山に囲まれ平地が少ない地形と、リアス式の入り組んだ海岸線は、自転車を楽しむ最適な環境です。

当サイトでは、コンパクトにまとまっているのに起伏にとんでいてなおかつ、様々な景色が楽しめるルートをご紹介しています。佐世保に来られる際には、是非自転車をお持ちください。なお、佐世保駅、ハウステンボス、宇久島など一部地域ではレンタサイクルなども有ります。

 

持ち物・装備

  • ヘルメット
  • サングラス(日差しのためだけではなく、飛来物から目を守るため)
  • ライト(前方用)
  • リフレクター(後方用:点滅する物が好ましい)
  • パンク修理キット
  • スペアチューブ
  • 空気入れ
  • 自転車保管用鍵

 

走行中の注意

  • 水分、糖分、塩分ををこまめに取りましょう。
  • 重ね着をして体温調整しましょう。
  • 最低1時間おきに休憩を取りましょう。
  • 無理な走り方をせず、計画的に走りましょう。
  • 自転車は交通事故の加害者になることもあります。必ず個人賠償責任保険に加入していることを確認しましょう。
  • 万が一交通事故が起きた際は必ず警察を事故現場に呼びましょう。
  • 自転車は道路交通法上、車両の一種(軽車両)です。正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。
  • 濡れた排水溝やマンホール、白線、落ち葉や砂の積もった道路は、滑りやすく危険です。
  • 荷物のストラップやウェアの紐で長すぎる物は、自転車に巻き込んだり、走行中様々な物の引っかかったりする恐れがあります。長いものはまとめるなどして注意しましょう。
  • 仲間と一緒に走行する場合は、縦一列で走行し決して併走をしないようにしましょう。
  • トンネル内は、標識に従うほか必ずライトを点灯しましょう。

 

佐世保区域の公共交通手段での輸送方法

交通手段での自転車の積載方法は各交通手段に直接お聞きください。

★鉄道

松浦鉄道株式会社 http://www.matutetu.com

「サイクリング列車」は車内へそのまま自転車を持ち込めます。要予約

区間 / 伊万里~佐世保
期間 / 土曜,休日,春・夏・冬休み,ゴールデンウィークの期間
列車 / 下り 331D,335D,347D,359D
上り 318D,328D,340D,348D
詳細は当社駅務課へお問合せ下さい
条件 / フリー切符又は往復乗車券(事前に有人駅で購入する)所持のお客様とします。車内での転倒防止等の安全措置は、お持ち込みの方本人が責任をもって行っていただきます。

お問合せ先/松浦鉄道駅務課 TEL 0956-25-2229

※輪行袋に入れるのであれば、距離区間関係なく1乗車につき、手回り品として、260円が必要です。

船 佐世保ー上五島航路

九州商船株式会社 http://www.kyusho.co.jp/

フェリー

輪行の料金設定はないので、分解せずにそのまま船に乗せます。料金は、特殊手荷物運賃と2等旅客運賃の合計金額で案内されています。

高速船

輪行の設定は有りません。持込手回り品として持ち込む場合は、3辺の和が1メートル以下で、かつ重量が10kg以下の物を、1人2個までに制限されているため、範囲内に収まる、小さな折りたたみ自転車しか持込は出来ません。