させぼの歩き方≪佐世保のトレッキング・カヤッキング・サイクリング情報サイト:させぼエコステイ≫
トレッキング
ウォーキング
カヤッキング
平戸往還
サイクリング

平戸往還とは

平戸往還とは

一般に昔の人は「往還」と呼び慣らしたようだが、「平戸街道」という呼び方もある。田平から彼杵まで約62キロの行程で、佐世保市内にはその半分が通る。この道は平戸の殿様が参勤交代や長崎勤番のときに使ったもので、伊能忠敬や吉田松陰も通った歴史の道である。

一里(約4キロ)ごとに一里塚が設けられている。駕籠立場と言われる場所も峠の頂に残されている。地図で見ると、思いのほか真っ直ぐ通っているのが判る。かなり勾配のある道がいまもひっそりと残されている。