させぼの歩き方≪佐世保のトレッキング・カヤッキング・サイクリング情報サイト:させぼエコステイ≫
トレッキング
ウォーキング
カヤッキング
平戸往還
サイクリング

カヤックをはじめてみよう!

カヤックをはじめてみよう!

九十九島は、日本屈指のシーカヤックエリア。全国からカヤック愛好家が訪れています。佐世保ならではの海の散歩をお楽しみください。初めての方は、カヤックプロショップにご相談ください。

持ち物

  • 飲み物
  • 日焼け止め
  • 眼鏡の方は、眼鏡ホルダー
    (無ければ、眼鏡に細い紐を付けて首にかけておきましょう。)
  • 行動食
  • 保険証・顔写真のついた身分証明書
  • 防水バッグ
    (無ければ、キッチン用の密閉容器や密閉保存袋を利用できます。)
  • ウォーターシューズもしくは、濡れても良い靴
  • 予備の着替え

 

服装

  • 頭部保護、熱中症の予防のために帽子をかぶりましょう。
  • ホームセンターなどで売っているグリップの良い手袋があると安全です。
  • 佐世保市の海岸は、岩場が多く、牡蠣が付着していることも多いため、素足が露出していない、かかとの固定できて、濡れても良い靴を履きましょう。
  • 下着や中間着には、アウトドア用の物である必要はありませんが、綿素材を避け、吸湿性と速乾性の優れた物を選びましょう。また、けがの予防、紫外線対策として、長袖長ズボンが基本です。外気温の変化や体温を調整できるように重ね着をするなどして工夫しましょう
  • 波しぶきや雨風で濡れたウェアを着ていると、思った以上に体感温度が下がります。雨風をさえぎるウェアを常備しましょう。

注意事項

  • 初めての方が、海に出るのは大変危険です。必ず専門家の指導を受けて安全に心がけてください。
  • 九十九島海域は穏やかですが、湖や川ではありません。オープンデッキカヌーやゴムボートは、風や波に大変弱く、海に出ることは大変危険ですのでおやめください。

九十九島海域のローカルルール

  • 西海国立公園として保全されている区域です。の域内です。自然保護につとめてください。
  • ほぼ全ての魚介類や海藻類に漁業権が設定されています。採取しないでください。海の上に設置されている養殖筏には近づかないようおねがいします。
  • 漁船・遊覧船・ヨット・瀬渡し船など多くの船舶が行き交います。大きさも速度も様々です。船舶の邪魔にならないよう。謙虚な気持ちでおねがいします。
  • 外洋に面した海域とは違い、返し波が少ないので、陸や島の近くが一番安全です。ルート設定は陸や島沿いもしくは、島と島の間の最短ルートで、なおかつ見通しが良い場所を選んで航行してください。
  • 島に近い場所でも、水深が深ければ、漁船や遊覧船が航行しますので十分注意してください。
  • 隠れている瀬が多数存在します。カヤックでも瀬に乗り上げると危険ですので、無理なルート設定はおやめください。
  • 迷子にならないように注意してください。

 


 

出艇場所

  • パールシーリゾート
  • 鹿子前海水浴場(海水浴シーズンはご遠慮ください。)
  • 佐世保シーカヤックセンター(別途使用料がかかりまが、駐車・洗艇が可能です。)

カヤックプロショップ