させぼの歩き方≪佐世保のトレッキング・カヤッキング・サイクリング情報サイト:させぼエコステイ≫
トレッキング
ウォーキング
カヤッキング
平戸往還
サイクリング

On the Saddle

On the Saddle

Jill Patterson / ジル パターソン

壱岐サイクリングフェスティバル2011
レディース30km優勝(大会新記録)

When I am on a road bike I feel like I am flying free. The bike becomes a part of me as I float over the road, taking in the sights, feeling the cooling wind, and even smelling the environment I am riding through. An environment’s scent is something I never thought about until I started riding a road bike. A car shuts out the smells of a road and your eyes do most of the navigating. But on a road bike my nose knows the location of a sake factory, a bakery or the ocean before my eyes do.

Every time I get on a bike I discover something new. A new road I have never explored, a better position for more efficient biking, or a building I have passed many times before but have never really looked at. On a road bike I can cover a lot of distance, but with a pace that allows for exploration.

Sasebo is particularly good for road biking because it is a mix of city and country, old and new, and flat and hills. The roads have enough buildings to keep the scenery interesting without getting bogged down by traffic and lights. I love how I can clearly see the new being built around and incorporated with the old, for example, a traditional wooden house next to a modern apartment building. I also love that I can choose the kind of road I want to ride in Sasebo. I can bike to the top of Yumihari for hill-training (and a great view!), bike to Omura or Hirado for distance-training, bike back roads to soak in the scenery, or just bike an hour-long loop for conditioning.

Road biking is a sensory experience that brings me health and peace-of-mind. Every time I get on my bike and feel the road again I have the same reaction: “ahh…so this is why I like biking!”

 

 

ロードバイクに乗っているとき、自由に空を飛んでいる気持ちになる。私の体の一部にとなり、地面から浮び上がり、景色が目に入り、爽やかな風を感じ、通り過ぎる町の匂いすら感じる。町に匂いがあるなんてロードバイクに乗るまで知らなかった。車に乗れば匂いなんてシャットアウトされ、視界も単に信号と標識の数珠繋ぎとなる。しかしロードバイクに乗ると、酒蔵やベーカリーの場所、あるいは海辺など、視覚よりも嗅覚の方が先に教えてくれる。

ロードバイクは乗るたびに新鮮だ。走ったことのない未知のルートの発見、より効率的に自転車を漕ぐためのポジションの気づき、またはいつも通る道沿いの建物があるとき突然自己主張して視界の中心にやってきたり。時間の制限がなければ、ロードバイクはどこまでも行ける。 世界の裏側までだって。

佐世保はロードバイクにとても適した環境だ。中心部と郊外、新しいものと古いもの、平地と坂道がうまく融合している。渋滞や信号に引っかかることも少なく、坂の町の景観も美しい。日本の古い木造建築物と現代的なマンションが並んでいるのを見るのも大好きだ。お気に入りのコースもいくつかあるが、走るスタイルによって選んでいる。ヒルクライムのトレーニングには弓張岳(眺めも素晴らしい!)。長距離のトレーニングには大村や平戸の往復コース。通り過ぎる風景を堪能するための裏通りを走るコースや、基本にしている国道35号線、県道11号線で繋ぐ佐世保の環状線など様々だ。

ロードバイクに乗るということは感覚的な経験だ。心と身体に安らぎをもたしてくれる。乗ることに慣れたことはない。漕ぎ出すたびに同じ気持ちが新鮮に私を包み込む。「ああ、この感じ!だからロードバイクはやめられない!」