させぼの歩き方≪佐世保のトレッキング・カヤッキング・サイクリング情報サイト:させぼエコステイ≫
トレッキング
ウォーキング
カヤッキング
平戸往還
サイクリング

Home »全ての一覧 » ‘トレッキング’ ‘山’ ‘自然’ ‘里’ ‘5時間程度’ »早岐・観潮橋から隠居岳まで九州自然歩道を歩く

早岐・観潮橋から隠居岳まで九州自然歩道を歩く

早岐・観潮橋から隠居岳まで九州自然歩道を歩く


 
No.9

早岐(はいき)瀬戸〜平松町〜隠居岳(かくいだけ)


取材日:2010.4.23

豊かな自然&里で暮らす人々の息づかいを感じる、九州自然歩道

「隠居岳(かくいだけ)」

今回は、やわらかい若葉芽吹く緑と、さわやかなアロマに包まれた森の中を歩いてきました。

佐世保市民にとっては「あそこの山ね♪」と指で指せるような位置にあるとても身近な山。

今回は、ハウステンボスの隣町(JRハウステンボス駅からわずか1駅)でもあり、古くからの宿場町、「早岐(はいき)」が出発点という山登りにしてはめずらしい街中からのアクセスの良さも魅力のひとつ。

トレッキングに興味はあるのだけど、いきなり本格的な山に行く前にどこかで慣らしてから・・・、なんて言う方にはピッタリのコースです。

距離は片道10キロ程とそれなりにありますが、アップダウンも少なく、ルートのほとんどが舗装された道なので、軽めのトレッキングシューズでも歩けてしまう手軽さも、おすすめの理由。

往復20キロはちょっとキツいな〜という方は、山頂近くの隠居岳ウォーカーズパークまで車で登り、山頂までの片道30分〜40分ほどの軽い山道を歩くだけでも十分に楽しむことができます。

朝目覚めて、今日は天気がいいからちょっと山歩きでもしてみようかな〜という気ままな大人の遠足にもおすすめ。

これぞ贅沢な佐世保の休日の過ごし方。

春から秋ごろまでは、アスファルトの照り返しにバテないように、水分補給や帽子などの装備や日焼け対策はしっかりしておきましょう(特に麓から歩く場合)。


九州自然歩道をたどって

佐世保市内を『九州自然歩道』が通っていることをご存じだろうか。九州自然歩道は環境庁(現・環境省)が、昭和55年に長距離自然歩道構想にもとずいて整備した自然歩道だ。今回は早岐の観潮橋から、隠居岳山頂まで約8キロを歩いた。

田子の浦の交差点から北上する道を歩き、早岐中学校の脇を通って陣の内町の裏道を進む。住宅地を抜けるとすぐに散策道があるのが面白い。やがて道は『西九州自動車道』の高架を潜るのだが、ここからは今の車道ではなく昔からの細い道を歩くことにする。斜面をまわり込んで続く道の向かう先には、平松の台地を手前に、「山笑う」と俳句の季語が表現するようなむくむくした山が望める。隠居岳は平家の落人が隠れたという話もあるようで、それを思わせる山里の風景だ。

道を逸れて『尾山神社』に立ち寄った。懐かしい鎮守の森だ。盆地状の一帯は土が黒々として、山の豊かさが養分のある土を作るのだと実感する。

平松町からは右手に車の道を進む。途中で歩道と車道が分れるが、枯葉が敷かれた歩道を進むと、やがて『隠居岳ウォーカーズパーク』に出た。駐車場やトイレがあって、ウォーキングのポイントになっている。ここまで車で来ることも出来る。

かつては茶畑だった道を登って行く。途中でパークの上にある展望台からの風景を楽しんだ。遥かに佐世保湾と市街地が望めた。

杉林から自然林となって、やがてまわりがヤマツツジの群落になる。ウォーカーズパークから15分ほどで『ツツジ園』だ。このときはミツバツツジが満開だった。五月下旬から六月初旬までヤマツツジが赤く彩る。さらに、なだらかな稜線をたどって電波反射板の横を登って隠居岳山頂(670m)に着いた。晴れたときの眺望は素晴らしい。

ここで烏帽子岳から大山口越を経た道と合流するのだが、九州自然歩道はさらに宇土越を経て国見山へと続いている


write:有限会社ライフ企画社・小川照郷

 

 

A:早岐瀬戸が一番狭まったところに観潮橋が架かる。ここからスタート。

B:早岐中学校の脇を通って住宅地を抜けると、すぐに長閑な散策道になった。隠居岳は遥か遠くに。
C:平松の台地に集落が望める。南向きの明るい陽を受けた地形が、山里の風景を楽しませてくれる。
D:ウォーカーズパークまで車で登ることも出来る。隠居の森遊歩館や炊事棟も完備。ここからが山登りだ。
E:ウォーカーズパークの上にある展望台。晴れた日の展望はみごと。佐世保の美しさを満喫。
F:登山道は赤土なので雨の日は滑り易い。気をつけて登る。ヤマツツジに混じってツゲが自生している。
G:陵線まで登ると、そこは広々したツツジ園になっている。背丈ほども伸びたツツジの中に迷路のように散策の道がある。
H:ツツジ園からは稜線伝いに緩やかな道が続いて楽しい。電波反射板の脇を通ると、すぐに隠居岳山頂に着く。
〜ちょっとよりみち〜  
ちょっと寄り道:『尾山神社』は隠居岳に向かう途中から少し左に行ったところに。湧水があって、鬱蒼とした社叢はまさに鎮守の森だ。

距離 およそ9.2km
標高差 641m
始点標高 85m

累積標高(+) 777m
累積標高(+) -136m

※GPSを使ったデータではなく、地図上にプロットしたデータから算出したデータです。

 

 

早岐〜隠居岳ウォーカーズパーク(2時間30分程度)〜隠居岳山頂まで(40分程度)



より大きな地図で コース9 早岐〜隠居岳 を表示

ヤマツツジ(ツツジ科)樹高1m~4mの半落葉低木で、5月~6月に朱赤色の小ぶりの花をつける。山地に自生するツツジの中では馴染みの深い種だろう。佐世保では隠居岳や小佐々町冷水岳の群落が知られる。

シャガ(アヤメ科)

竹林や山間の日陰に群生し、4月~5月ごろ次々に薄紫の花をつける。住宅地でもよく見かける身近な花なので、園芸種だと思っている人も多いのではないだろうか。中国からの古い帰化植物で、地下茎で増える常緑多年草。名前はヒオウギの漢名「射干」に由来するといわれる。

フデリンドウ(リンドウ科)

明るい林内などに生育する越年草。腐葉土から伸びた数センチの茎に、春、青い花をつける。2cmほどの筒状の花冠で先が5裂する。小さいので見落としがちだが、山道で群生に出会うと嬉しい。名前は蕾の形を筆の穂先に見立てたもの。

スミレ(スミレ科)

春の花の代表格。一般に「スミレ」と呼ばれる種は日本だけで90種を超える。

「タチツボスミレ」がほふく状に茎を伸ばして広がるのに対して、「スミレ」は葉も花茎も株元から束状に伸ばす。その高さは7~11cm。横から見た花の形が大工道具の「墨入れ」に似ていることから「スミレ」という名がついたといわれる。庭先や日当たりのよい丘陵地などで、濃い青紫色の花はひときわ目を引く。

タンポポ(キク科)

これも春の花の代名詞。花の形が鼓を連想させるのでその音から「タンポポ♪」とか。英語名の「ダンデライオン」は、葉っぱのギザギザがライオンの歯のようだから。食用に、薬用に、飲料に、昔から暮らしに役立つ身近な植物だ。

ノアザミ(キク科)

アザミの仲間は多く、日本だけで80種もあるといわれるが、春に咲くものはノアザミだけ。4~5月から夏にかけて強い陽射しを受けながら、元気に紫色の花を咲かせる多年草。葉にするどい棘があり、美しい花に惹かれて手折ろうとしても容易ではない。

ウマノアシガタ(キンポウゲ科)

春の陽光に照らされて光沢のある黄色い花を咲かせる。別名キンポウゲ(金鳳花)。田んぼの畦や湿度のある路傍に普通に見られる馴染みの花のひとつ。

ミツバツツジ(ツツジ科)

隠居岳でもヤマツツジに先んじて4月~5月に薄紫色の花をつける落葉低木。枝先に3枚の葉をつけるためこの名前がついた。ミツバツツジにもいろいろな種があり、九十九島ではこの時期、少し小さめの花をつけるヒメミツバツツジが島を彩る。

 

何故かは分からないが、春には黄色と紫色の花が多い。これから初夏に向けて、ウツギに代表される白い花が咲き始める。

隠居岳にヤマツツジの群生

隠居岳のツツジ園一帯には、ヤマツツジ約4万本が自生する。 樹高1~4mの半落葉低木で、5月下旬から6月初旬にかけ、真っ赤な花を咲かせて訪れる人を楽しませる。 ウォーカーズパークから15分ほど。 公園と言っても山道を歩くのでウォーキングシューズなど足元の用意を。

 


隠居岳ウォーカーズパーク

<設備情報>

駐車場 / トイレ / 炊事場 / あずまや / ピクニックテーブル

 

ウォーカーズパークに車を停めて、山頂まで30〜40分のミニハイキングを楽しむことも可能。 ウィークエンドのバーベキュースポットにもおすすめですがゴミは持ち帰りましょうね。(ゴミ箱はありません)

キーワード: